[レビュー]ゴールドスタンダードの付属スプーン1杯の量(何グラム?)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オプチマムのゴールドスタンダードプロテインを買ってしまったよ。

頑張らない筋トレ管理人のさっちんです。

 

さてさて。

私は『プロテインはビーレジェンド最高!』とか心の中で勝手に思っているんだけれど『他のプロテインを飲んだことあんの?』と聞かれたら答えは『No!』だったわけで。

 

で、そう言えるほどビーレジェンドの味がスキだったから、別に他のメーカに浮気しなくてもいいじゃないか、というだけだったんだけど。

(あ、、、ナチュラルミルク風味のフレーバーは苦手だった。。。)

 

で、、、だったらなんなんだ?

と言われると、まあ、結局オプチマム ゴールドスタンダードを買ったわけさ。(-_-;)

関連記事 ビーレジェンドとオプチマムゴールドスタンダードを比較。含有量や価格など

optimum-gold-standard-01

 

で、ゴールドスタンダードを開けてすぐにびっくりしてツッコんだのが

 

『スプーンでけえ!!』

 

、、、いやあ、、、ビーレジェンドのスプーンと比べたら全然違くて驚くほどの大きさ。実際、前に書いたビーレジェンドスプーンのレビュー記事で、ビーレジェンドスプーン1杯では7~8g程度、という結論なんだけど。

今回のゴールドスタンダードのスプーンは1回すくえば1食分の約30gほどが取れるらしい。

 

数字で見ても、でかっ!!??

 

ということで、こちらもせっかくだからスプーンのレビュー記事を書いてみようと思う。もちろん私が好きなプロテイン、ビーレジェンドもよろしく!


★★最新情報★★

2018年も好評だった『真夏のおいスイカ風味』が3000袋数量限定で販売中!

↓↓ビーレジェンド公式サイトはこちらから!↓↓banner-Belegend-600_120

どんなスプーンか

じゃあ、いつものように外観を見てみよう。

ビーレジェンドは箱の外にビニールで包まれて個装されてくるけど、さすが海外。ゴールドスタンダードのスプーンはそもそも商品の中に隠れているぜ。

optimum-gold-standard-02

、、、確かにこう見るだけで、あからさまにビーレジェンドよりもでかい。なんか、すごい。さてビーレジェンドのスプーンは20ccだったけど、ゴールドスタンダードのスプーンはどうだろうか。

optimum-gold-standard-03

みれる?かな。70ccです。

ということは、ビーレジェンドのスプーンが20ccだったから、単純にcc(大きさ)だけで考えてみると

70cc/20cc=3.5

となるので、ビーレジェンドのスプーン3.5杯分が、ゴールドスタンダードのスプーン1杯ということに。

 

、、、えっ?そんなことは当然分かるって?

失礼しましたー。

↓↓↓オプチマムゴールドスタンダードはコチラからどうぞ↓↓↓
goldstandard-03

測ってみる

それじゃあ早速。

ゴールドスタンダードのスプーン1杯が何グラムなのかを測っていこう。ってことで、まずはスプーン自体の重さから。

optimum-gold-standard-04

スプーン単品が10g。結構重いww

なんせビーレジェンドのスプーンは5gだったんだから、その倍。

 

で、ゼロリセットする。

前も書いたけど、ゼロリセットすることでスプーン自体の重さを無くすようにすることで、プロテインの粉の重さだけを純粋に図ることが出来るようになる。

じゃあ次に、中身の重さを測ってみよう。

スポンサーリンク

中身を測ってみる

さて、中身を測ると言ってもゴールドスタンダードの1食分の定義はざっくりしてて結構面白い。つまり

『スプーンにこんもり1杯で約30.4g』

って感じで書かれてる。

というのも、ビーレジェンドとかだと『すりきり〇杯入れる』というのがよく見る書き方だと思うのよね。なんとなく日本的なきっちりしてる書き方。

 

ゴールドスタンダードはそうじゃない。

『すりきらなくても良い。ざっとスプーンですくったそれが1杯だ!』

という、なんともステキでハリウッドのセリフのよう。

 

、、、でもそれだとなんとなくレビューっぽくなくなっちゃう。のでやっぱり日本人的にスプーンすりきりでやってみよう。つまりこんな感じ。

optimum-gold-standard-05

1食分で書いてある分より少ないんだから、おそらく30.4gよりは少ないんだろう、という予測がたつ。

で、それではゴールドスタンダードのスプーンすりきり1杯の重さを計測。

optimum-gold-standard-06

はい。

28g

ですね。

 

うーん。分かっていたような、でも結構少ないような。というのも、確かに『1杯すりきらずにこんもりさせれば約30g』と言えるかもしれないけど、この感じだと逆に『あと2g弱はみ出すのかよ』という気にもなるのよねw

 

、、、うーん。

そうか。28gか。

 

感想

と、いうことでまずは、

『確かにオプチマム公式が言っているように、スプーン1杯こんもりで約30gになりそう』

だな、というのが分かった。

 

で、だ。

前回、ビーレジェンドとゴールドスタンダードのプロテインを比較記事を書いたんだけれど、実はプロテイン含有率でいうと若干ゴールドスタンダードが勝っているんだな、これが。ま、ほんの少しだけど。

関連記事 ビーレジェンドとオプチマムゴールドスタンダードを比較。含有量や価格など

 

つまり、

『ビーレジェンドとゴールドスタンダードは同じ量(グラム)を飲めば、大体ビーレジェンドと同程度のプロテイン(タンパク質)を摂取できる』

と言えるわけ。

 

ふーむ。言いたいことが伝えずらいなw

 

何を考えているかというと、

『オプチマムゴールドスタンダードをこんもり1杯(=大体30gくらい)を作るなら、すりきり1杯(=約28g)で作って、約20gのプロテインを飲めばいいんじゃないか?』

ということ。

 

もっとはっきり言うと

『別に細かくメーカ推奨の30.4gじゃなくてもいいじゃん!』

という身も蓋もないことを言いたいわけで。

 

すりきり一杯(=約28gくらい)飲んでおけばいいじゃん!

というw

 

もちろんおススメするわけでもないけれど、分かりやすくスプーンすりきり1杯で通常のビーレジェンドと同じプロテイン摂取量(約20g)になるんだったらそれでもいいんじゃないかな、という感想だよ、と。

 

と言っておいてなんですが、筋トレをするならプロテイン(タンパク質)を摂るか摂らないか、が一番重要なだけで、ゴールドスタンダードだからビーレジェンドだからとそれだけで一気に変わるわけでも無し。

 

なので、悩むくらいなら1回試してみたらどうかな、と思いますね。それでは、一緒にビーレジェンドを始めましょう。

詳細な内容は公式のホームページで確認してください。

↓↓ビーレジェンド公式サイトはこちら!↓↓banner-Belegend-600_120

 

あ、もちろんゴールドスタンダードでもいいですよ、と。↓↓↓オプチマムゴールドスタンダードはコチラからどうぞ↓↓↓
goldstandard-03

ビーレジェンドおススメの買い方

さて、それでは最後にビーレジェンドを購入するときのおすすめの買い方。

 

というのも、書いた通りビーレジェンドは店頭販売が無くて通販のみ。しかも、購入できるのは(1)公式サイト、(2)amazon、(3)楽天の3パターンのみ。

 

逆にいうと、この3パターンで検討すればいいので楽といえば楽。

で結論からいうと(1)公式サイトで7000円以上にして⇒送料無料、っていうのが私のおすすめの購入パターン。今のところ、これが安い。

 

で、そうする場合のおすすめパターンをいくつか。まずは、一番ベタなビーレジェンドの組み合わせです。

1.ナチュラル(ミルク風味)3袋

ナチュラル(ミルク風味)パッケージ

このビーレジェンドの組み合わせなら

7,000円以上 > 7,800円(=3,100円+2,600円+2,600円) になります。

 

ただし、私個人の感想として

『ナチュラル(ミルク風味)はホエイっ!!感が半端なくて、第1の目的が『タンパク質の摂取』じゃないと少しきついかも』

という所があります。(まぁ、単純に言うとが少し苦手な味なんです。。。)

 

なので、次のおススメの組み合わせは

2.ナチュラル(ミルク風味)1袋+他のフレーバー2袋

belegend_all_01

このビーレジェンドの組み合わせなら

7,000円以上 > 8,800円(=2,600円+3,100円+3,100円) になります。

 

これなら、ナチュラル(ミルク風味)のホエイっ!!感にも負けず、継続してプロテインを続けることが出来ると思います。

 

そして最後には、もう少し効率的なプロテインの摂取方法として、

3.ビーレジェンドホエイ1袋+カゼイン&ホエイ1袋

belegend_casein_01

就寝前とか昼間のカタボリック(異化作用)対策に吸収がゆっくりなカゼインとホエイが組み合わされたビーレジェンドカゼイン&ホエイ(4,100円)1袋を組み合わせれば

7,000円以上 > 7,100円(=3,100円+4,100円)

になって、ちょうど7,000円を超えて送料無料になりつつ、効果的なトレーニングも出来る組み合わせになる。

 

『頑張らない筋トレ』よりも少し『頑張る筋トレ』に移った人であれば、カタボリック対策のカゼインを行ってもいいでしょう。

 

結局、筋トレもプロテインも『継続しなきゃ意味がない!!』という類のものですし、いかにして無理をせずに続けていくか。これが大事になってくると思います。それでは、一緒にビーレジェンドライフを過ごしましょう!!


↓↓ビーレジェンド公式サイトはこちら!↓↓banner-Belegend-600_120

コメント