目標設定の難しさ (1)

スポンサーリンク

良くある話で

頑張らない筋トレ管理人のさっちんです。

今日は、目標設定の難しさについて思ったことがあるので書いていきます。

みなさん、目標に対して進んでますでしょうか?
私は進んでません。

悲しいことに、ざっくりとまずは体重を60kgまで増加させるぞ、と勢いのいいことを書いたくせに、今のところどうやって実現していいかわかりません

ふと気づいたんですが、「がっつり食べればいいじゃん」とか、「高カロリーのものを食べればいいんでしょ」とか思っているくせに、実際にどうすればいいのか、よくわかってないんです。

だから、ちゃんと行動に移せない。

行動してる”つもり”。

20151212


目標達成のプロセス

これがダイエットでも、デブエットでも同じだろうけど、まずは最初の目標をなんとなく設定することは簡単だと思うんですよね。私のように、「体重をあと3kg増やして、まずは60kgにするぞ」という風に。

最初にこれは正しいと思う。

なぜならこれがないと最初のモチベーションすら起こらないから。ま、最初の目標はなんとなく設定できるでしょう。

でも、すぐに続かない人は、もう一歩考えることを放棄してるんじゃないかな、と思うんです。それは、

精神は理論を凌駕する

って無意識に思っちゃってること。自分もそうだけど。

いや、例えば、ワタクシは後3kg増やしたいわけで、どう思っているかというと。「よし、頑張って食べて、体重を増やすぞ」と思ってるわけ。

ダイエットしてる人でも同じ人がいるんじゃないかと思うんだけど、「よし、頑張ってちょっと食べるのを減らして、ダイエットするぞ」と。

いや、「頑張って」って何?。。。となってしまう。

20151211-01

もう完全に、精神論で「食えば太るだろ」とか「食わなきゃ痩せるだろ」とかです。でも、こんな風に思っているときは、なんかやれる気になってるから精神論だなんて思わない。

自分はそうじゃない!

という人もいると思うけど、一歩踏み込んでいるその人でさえ「高カロリーのものを食べて太ろう」とか、「食物繊維はカロリーがゼロだから、食べてダイエットしよう」とかじゃないでしょうか。

続きます。

目標達成のプロセス頑張らない筋トレ管理人のさっちんです。 目標設定の難しさについて2回目。前回は、目標達成に向けてせっかく何かしようとしてる...