諦める美学を諦めろ

スポンサーリンク

美学なんてございませんが

頑張らない筋トレ管理人のさっちんです。

こんなタイトルにしちゃって、まぁ。

ワタクシに美学なんて、そんなカッコいいものははございません。

でもやっぱり「こだわりないんだー」とか言ってる人だって、こだわりだったり、持ってる美学があるんですよね。だって、人間だもの

無意識にでも「こだわらない」ことにこだわりがあったりするかもしれないし。
それでは、そろそろ行きましょう。

akirame-01


チャランポランでいこう

日本人は、なんとなく、見せないで頑張る美学だったり、ダメだと見切りをつけたら、すすっと引いてあきらめる美学的なものが多い。それ以前に、そもそもやる前からダメでしょ、これ、ということで実行しないということがある

まいった、自分がそうだ。書いて自分で気づいてる。

いや結局さ、仕事とか周りに何か関係が有るものならともかく、プライベートな事だったとしたら、「やってもどうせダメだから、やんなくていいや」というのはなんかもったいないし、どうせ誰にも迷惑かけないなら、もっとチャランポランにできませんか!?と思うわけ。

どういうことかというと、

例えばタバコで、何度やっても禁煙出来ないとしても、もしかしたら次やったら禁煙できるかもしれないじゃない?

ダイエットだって、何のダイエットやっても3日坊主で終わったとしても、次のダイエットは成功するかもしれないじゃない?

それをさ、

「私は何をやっても途中で挫折してしまう。なんて意思が弱いんだ。自分に対して悔しい。悲しい。だから、次やるものは、ちゃんと調べて、簡単で効率的に上手に続けていけるようにしたい。」

なーんてことを考えるとしたら、一言ツッコみたいです。

「いやっ、真面目かっ!!」

と。

いいじゃないですか、何を、何回、何十回やったって、だって、別に誰にも迷惑かかってないんでしょ。自分だけが、「あーーー、またか、、、、むーーー」って思ってるだけでしょ。

どうでもいいじゃん。そんなこと。気にしない気にしない。

適当にやり続けたら、なにかとても自分に合うものが見つかるかもしれないし。やらなきゃ、そこで試合終了ですよ。。。。。あれ?どこかで聞いたことある台詞。

でもさ、本当にそうだとは思う。

ま、自分がそうだから言えるんですが、実はワタクシ、今年禁煙を成功させました。10数年の喫煙期間で、禁煙断念が何十回あったことか、、、。

最悪だった時はニコパッチしながら喫煙していたということ。

、、、あぁ、やっちまってるな、ダメ人間。

そんな自分ですが、今年の春頃から禁煙してます。そして、今でも継続中。今日で、192日目を迎えています。天地神明に誓って一本も吸っていません。正直、自分でも驚きです。なんで、禁煙出来たかというと。

今でも不明です。

ありゃ、、、答えになってないですね、、、期待に添えずすみません。ホントのことで、なんで不明なのかというと、

ある日突然、吸わなくなったから。

ごめんなさい、やっぱり意味不明。これがホントで、ある日突然起きたらタバコを吸わなくなっていたという。うーん。自分で書いてても意味が分からないな。。。

何が起きるかわからない

こんな回り道をして何を言いたいのかというと、何が起きるかわからないってこと。

だからこそ、とりあえず何でも手を出して、何でも挑戦して、何回も失敗すればいいんじゃないかと。

だって、もしかしたら次に挑戦するものが、めちゃくちゃ自分に合ってるものかもしれないんだから。

それが生活を圧迫するようなお金がかかることはダメです。絶対。

あ、ダメ絶対。

これは言いきります。

私はいま8月から筋トレをやってますけど、1か月の完全休養を過ぎて、なんとこさもう一回筋トレを続けられています。

休養の時は、トレーニングしてないなーと、ちょっと後ろめたい気持ちになりました。

いやいや、ちょっと待て、
なんでいちいち自分に後ろめたくなるのよ。

たぶんこれって、自分に負けたということを認めたくないんでしょうね。自分もそうだし。辞めたわけじゃない、ちょっと休憩。という言い訳。ま、いいじゃない。人間だもの。 ここで、考える。