プロテインのメーカって何があるの?

スポンサーリンク

プロテインってどこのメーカーで何を作ってるのかわかんない。

頑張らない筋トレ管理人のさっちんです。

さてさて、今回からはプロテインのメーカーについていろいろと記事にしていこうと思います。

なぜならば、プロテインってザバスはもちろん有名でスポーツショップに行けばめっちゃ見るけど、それ以外はDNSくらい??あとはワタクシはあんまり見ない。。。

ちゃんと探せば、大きいショップだったりで売ってるんだろうけどそこまで探しに行くほどじゃないし、なかなか、、、ねぇ。

ということで、そもそもプロテイン製品を比較する前に、作っているメーカーを見てみる。

それでは、そろそろ行きましょう。

protein-maker-01


まずは、ざっくりメーカー一覧

さて、色々とみていく前にまずはざっくりとメーカを挙げていってみましょう。

★国内メーカー

  1. SAVAS(ザバス)
  2. ウイダー
  3. DNS
  4. グリコ
  5. Kentai
  6. ファイン・ラボ
  7. ゴールドジム
  8. ビーレジェンド

etc、etc・・・・

★海外メーカー

  1. Champion Nutrition (チャンピオン)
  2. Optimum Nutrition (オプチマム)
  3. BSN (ビーエスエヌ)
  4. MRM (エムアールエム)
  5. MuscleTech (マッスルテック)
  6. Bulk Sports (バルクスポーツ)
  7. Muscle Pharm (マッスルファーム)

etc、etc・・・・

うわっ。

メーカーめっちゃ有るな!

ちょっと探しただけで、かなりの数があるのが解りました。。。

自分が何のプロテインを飲もうかと思って探した時に、ある程度で辞めて正解だった。。。最初からこんなにメーカーがあると解ってたら、混乱していたかもしれない。

ただし、

最初に言っておきたいことは

メーカーによって違いはない。

ということ。

いや、ごめんなさい。正確にはもちろん違います。

この記事を見ている方ですでに知識の深い人は、読んだ瞬間に「違いは有るだろ!」とわかってもらえると思いますし、「間違ったことを書くな!」を怒られると思います。

が!

『違いはない』という記事を読んで、『あんまり変わらないのかぁ』と納得しちゃった人に対しては、『飲むメーカによって違いが出るほど、筋肉肥大化に影響は出てこない』

と思います。

だって、おそらく体脂肪0.1%を争うほどの突き詰めたボディーを創りあげている人は、すでにそういう食事に加えてそういうプロテインを飲んで、そういう生活をしているから。

逆に、

それ以外の人については、通常の筋トレをして筋肉の肥大化を目的にする程度であれば、『1日に不足しているタンパク質の量を飲めればいいや』くらいに軽く考えた方が楽でしょう。

goal-02

まぁ、たぶんRIZAPとか、ゴールドジムなどにきちんと行く人は、また違うのかもしれませんが、私のように自宅で頑張らない筋トレをしている人間にとっては、『キツイ筋トレ』よりも、『健康のためにちょっとした運動として継続して続けられる筋トレ』と考えた方が、自分を追いつめなくていいのかなと考えているので。

だからこそ、まぁ、国産である程度安くて美味しく、飲みやすいと思うビーレジェンドを、まずは飲んでみればいいじゃないか、と。

ま、合えば御の字。合わなきゃ他を当たる。くらいの軽い気持ちの方が最初から100点を探すよりは全然ストレスなくて良いですよ。
banner-Belegend-600_120

でも、各メーカって特色があるんだよね

さぁ、これが今回の記事の本題です。

まぁ、私は一貫して、筋トレをするならとりあえず何でもいいからプロテインを飲んでみればいいじゃないかと言ってるわけですが。

そもそもプロテインメーカって、どんなところが何を作っているのか、ってまだわかってない。
そこらへんが気になったので、これから勉強していこうと思います。

で、最初のプロテインメーカ散策として日本を代表するプロテインメーカ、SAVAS(ザバス)を勉強していこうと思います。